展覧会


展覧会情報

新収蔵品展「ブンガク玉手箱 太宰治・田中冬二・辻邦生・野尻抱影・山本周五郎ほか」
2017年1月20日(土) ~ 2018年3月21日(水・祝)

開催概要

2017(平成29)年に文学館が新たに収蔵した資料を中心に展示します。

小説家太宰治の甲府からの手紙や山本周五郎の原稿、詩人田中冬二の色紙や愛用品など、作家の個性や素顔を伝える資料を紹介します。

◎写真 太宰治高田英之助宛書簡 (部分) 1939(昭和14)年2月4日消印

☆観覧無料 

 

【展覧会開催概要】

名  称:新収蔵品展 ブンガク玉手箱

会  場:山梨県立文学館 企画展示室(展示室C)

会  期:2018年1月20日(土)~3月21日(水・祝)

休 館日:月曜日(2月12日は開館)、2月13日

開館時間:9:00~17:00(入室は16:30まで)

主  催:山梨県立文学館

 観覧料無料

展示資料より

おもな展示資料

 

○主な展示資料

・太宰治 高田英之助宛書簡 1938(昭和13)年11月26日消印,1939年2月4日消印

・太宰治 高田英之助宛葉書 1939(昭和14)年1月4日消印,2月8日消印,4月21日消印

・津島美知子 早川徳治宛葉書 1953(昭和28)年5月13日,11月11日

・鈴木三重吉 前田晁宛書簡 1913(大正2)年5月5日

・堀口大學 田中冬二宛書簡 1943(昭和18)年2月21日,年不明11月9日

・野尻抱影書簡 宮崎健三宛書簡  1944(昭和19)年10月2日

・辻邦生 渡辺一夫宛書簡 1973(昭和48)(推定)1月26日

・辻邦生 篠田一士宛書簡 1973(昭和48)年1月18日消印, 1974(昭和49)年2月3日

・山本周五郎「あとがき」原稿

・林髞「神経症 ―自分で癒さなければ癒らぬ病気―」原稿 

・尾崎一雄「木枯」原稿

・野尻抱影「銀河けぶる」原稿

・寺田重雄「甲州魚風土記」原稿

・安岡章太郎「井伏文学の洗脳力」原稿

・香川香南「松静鶴留聲」額装

・有島生馬「暗雨蕭々蘭玉摧 犬吼雞啼破夢来 五更驚起傷心惨 明朝残珠樹耐哀」軸装

・与謝野晶子「曇らずば海に上総の山あらん晴れても見えじかの亡き人は」軸装

・田中冬二「雪の日」額装,「秋の匂い」色紙

・野尻抱影「銀河けぶる」原稿

・一瀬稔「麦の秋」「晩夏」「菜園頌」額装

・第25回やまなし文学賞小説部門受賞作新聞連載時挿絵原画

  横瀬信子画「エンディングノート」

  宇野さおり画「菓子折り」

  針生卓治画「まいぺぇら」

・角田雪弥「藻の花に幼なき思ひ泛べけり」色紙

・辻蕗村「水の上に闇乱れずに二月ゆく」短冊

・松村蒼石「あぢさゐは初花のうすいろにこそ」短冊