展覧会


展覧会情報

春の常設展
期間限定公開コーナー
山梨の現代作家
保坂 和志(ほさか かずし)
2022年3月8日(火)~6月5日(日)

開催概要

春の常設展では、1990(平成2)年に「プレーンソング」でデビューし、「この人の閾(いき)」(1995年)で芥川賞を受賞した保坂和志(1956年 山梨県生まれ)を紹介します。 デビュー作の「プレーンソング」浄書原稿、最新刊『猫がこなくなった』収録の短編「夜明けまでの夜」の自筆原稿など、約20点の資料を展示します。

 

■ 保坂 和志(ほさか かずし)

1956(昭和31)年、山梨県南巨摩郡(みなみこまぐんますほちょう・現在の富士川町)に生まれ、鎌倉で育つ。早稲田大学政経学部卒業。

1990(平成2)年、「プレーンソング」で作家デビューし、「この人の閾(いき)」(1995年)で芥川賞を受賞。その後も「季節の記憶」(1997年 谷崎潤一郎賞、平林たい子文学賞)、「未明の闘争」(2013年 野間文芸賞)、「こことよそ」(2018年 川端康成文学賞)など、数々の話題作を発表し続けています。

このほか著書に、『カンバセイション・ピース』「小説の自由』『カフカ式練習帳』『朝霧通信』『地鳴き、小鳥みたいな』『読書実録』『猫がこなくなった』など多数。

2022年以降、コロナ禍により中断していた「小説的思考塾」をオンラインで再開。「小説家自身の発信」として注目されている。

 

デビュー作「プレーンソング」の浄書原稿