やまなし文学賞


概要

樋口一葉記念第30回 やまなし文学賞

  本賞は、平成4年4月、山梨県にゆかりの深い樋口一葉の生誕120年を記念して、山梨県の文学振興をはかり、日本の文化発展の一助とするために創設されました。小説と研究・評論の2部門が設けてあります。ふるって応募してください。

 

小説部門募集

「募集]

 

1  原稿規定 

400字詰め原稿用紙80枚から120枚。

ワードプロセッサー使用の場合はA4判用紙を横に使用し1行40字×30行縦書きで印字し、40枚程度

(400字詰め原稿用紙換算枚数を付記すること)。未発表の作品。

 

2 応募方法 

「やまなし文学賞(小説部門)応募用紙」とともに、作品を送って下さい。

応募用紙がダウンロードできない方は、原稿の表紙に題名・400字詰め換算枚数・連絡先の郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢・性別を明記して下さい。

応募作品は返却しません。二重投稿はご遠慮ください。

*応募用紙の形式は、山梨県立文学館ホームページよりダウンロードできます。

 

3  募集期間  令和3年6月1日~11月30日(当日消印有効)

4  選考委員  坂上弘 佐伯一麦 長野まゆみ

5  賞        やまなし文学賞      (1編)    賞状・副賞100万円

              やまなし文学賞佳作  (2編)    賞状・副賞30万円

 

6  受賞作の出版など

 やまなし文学賞・同賞佳作は山梨日日新聞紙上、及び同紙電子版に掲載します。

また、やまなし文学賞受賞作は単行本として刊行します。

なお、受賞作の著作権は、選考結果発表の日から2年間やまなし文学賞実行委員会に帰属します。

 
研究・評論部門
推薦

[推薦]

1  推薦作品  日本文学にかかわる著書または論文

令和2年11月1日から令和3年10月31日までに図書として刊行、または雑誌、同人誌などに発表されたもの。

 

2  推薦方法 自薦、他薦は問いません。

「やまなし文学賞(研究・評論部門)推薦書」とともに、推薦する作品を収録している図書、雑誌などを1部、事務局宛に送ってください。

*推薦書の様式は、山梨県立文学館ホームページよりダウンロードできます。

 

3 募集期間  令和3年6月1日~11月30日(当日消印有効)             

 

4  選考委員  中島国彦 関川夏央 兵藤裕己   

 

5  賞        やまなし文学賞(2編)          賞状・副賞50万円

 
●選考結果の発表

令和4年3月上旬(予定)、受賞作及び小説部門の候補作を発表しその作者に通知。

山梨県立文学館ホームページ上に掲載。なお選考に関する問い合わせには一切応じられません。

 

●表彰式
令和4年3月中旬(予定)
 
●応募・問い合わせ先

やまなし文学賞実行委員会事務局
〒400-0065 山梨県甲府市貢川1丁目5-35
山梨県立文学館内
電話055(235)8080(代表)
https://www.bungakukan.pref.yamanashi.jp/

主催/やまなし文学賞実行委員会
後援/山梨県・山梨県教育委員会・山梨日日新聞社・山梨放送

募集要項をPDFでご覧いただけます。

募集要項.pdf

小説部門 応募用紙.xlsx

研究・評論部門 推薦書.pdf

よくあるお問い合わせ

  • Q:
  • 表紙がダウンロードできません。
  • A:
  • 表紙がダウンロードできない場合には、ご自分で表紙をお付け下さい。表紙には、題名・400字詰め換算枚数・連絡先の郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢・性別・(ペンネーム)を明記して下さい。2枚目の1行目から本文となります。
  •  

 

  • Q:
  • 一度出した作品の一部を差し替えたいのですが?
  • A:
  • 差し替えは受け付けておりません。差し替えをした作品を再度お送りください。
  •  
  • Q:
  • ワープロのページ設定ができません。
  • A:
  • ワープロをお使いになる場合の規定に従って設定をしていただくことが望ましいです。手書きの場合には市販の原稿用紙をお使いください。
  •  
  • Q:
  • 同人誌に発表した作品は既発表扱いになりますか?(小説部門)
  • A:
  • なります。ご応募いただけません。
  •  
  • Q:
  • 原稿はどのようにまとめますか?
  • A:
  • 表紙とともに右上を紐で綴じるか、クリップ等でとめてください。ホチキスはご利用にならないでください。
  •  
  • Q:
  • 送った作品が締切に間に合ったかどうか知りたい。
  • A:
  • 作品の受入れについてのお問い合わせには応じられません。
  •  
  • Q:
  • 表彰式には誰でも参加できますか。
  • A:
  • できます。選考委員の先生の選評を聞く機会もございます。ぜひご参加ください。
  •  
  • Q:
  • 文学賞を受賞した場合、賞金はいつ振り込まれますか?
  • A:
  • 表彰式終了後、3月中には振込が完了します。
  •  
  • Q:
  • 文学賞の過去の受賞作品は読めますか?
  • A:
  • 主要都市の公立中央図書館には文学賞受賞作品の単行本を納めている館がございます。最寄りの公立図書館で検索サービスをご利用ください。また、山梨県内の公立図書館ではどこでもご覧いただけます。 ご購入につきましては、当館協力会(055-235-8080)までお問い合わせください。送料をご負担いただき、書籍をお送りすることも可能です。
  •  
  • Q:
  • 自分の作品がなぜ受賞できなかったのか教えて欲しい。
  • A:
  • 選考内容にかかわるお問い合わせには応じかねます。表彰式での選評などを参考になさってください。
  •  
樋口一葉記念第29回 やまなし文学賞選考結果発表

山梨県の文学の振興と日本の文化の発展に寄与することを目的として、平成4年度に創設した「やまなし文学賞」は今年度で29回目を迎えた。
今年度の受賞作は以下のとおり。

○小説部門

・やまなし文学賞    田村 修宏  「銀ぎつね」

・同     佳作   加藤 日出美 「河童のいた日々」

・同     佳作   秋野 淳平    「カップ酒」

  ⇒選評はこちら

 

 

  賞金     やまなし文学賞100万円、同佳作30万円

 

※やまなし文学賞、同佳作受賞作品は山梨日日新聞紙面に掲載予定

 また、やまなし文学賞受賞作品は単行本として刊行予定

 


 

第29回やまなし文学賞 小説部門 候補作品

巨猪

佐々木 国広

河童のいた日々

加藤 日出美

夏空の花火

宮沢 恵理子

蟻に追われて

古林 邦和

秋の音

藤永 コトミ

親友

宇山 了

忘れない

大田 恵矢

大吉の人生~レビー小体型認知症覚書~

佐久間 登志

蟻の目

上石 磨依

カップ酒

秋野 淳平

光のはしご

古賀 ゆみ子

海が沸く

吉川 道廣

ガップ プアンサニッド

須田 地央

木蓮

一色 秀秋

心の風景

臼井 和仁

銀ぎつね

田村 修宏

風を切る音

益田 和則

戻り花

末澤 毬江

終の果て

田﨑 透

茶箱

白河 蘭子

 

 

○研究・評論部門
・やまなし文学賞  井上 隆史 『暴流(ぼる)の人 三島由紀夫』(令和2年10月 平凡社)
・同   賞    山田 俊治 ミネルヴァ日本評伝選『福地桜痴(ふくちおうち)―無駄トスル所ノ者ハ実ハ開明ノ麗華ナリ』
                                                                                                                             (令和2年10月 ミネルヴァ書房)
 ⇒ 選評はこちら
 
 
 

 

 賞金     各50万円

 

○ 表彰式

3月中旬に予定していた表彰式は、新型コロナウイルス感染拡大予防のため中止としました。

 

○ 応募・選考状況

・主催        やまなし文学賞実行委員会(三枝昻之実行委員長)

・応募状況    小説部門             220編(昨年度309編)

                 研究・評論部門      119編(昨年度115編)

・選考委員    小説部門       坂上弘 佐伯一麦 長野まゆみ

         研究・評論部門    中島国彦 関川夏央  兵藤裕己

・選考会       小説部門               2月12日(金)オンライン会議による 

         研究・評論部門    2月 8日(月)都道府県会館404会議室

 

 


◎ 選評

≪小説部門≫

☆第26回小説部門 選評はこちら

☆第27回小説部門 選評はこちら

☆第28回小説部門 選評はこちら

☆第29回小説部門 選評はこちら

 

≪研究・評論部門≫

☆第26回研究・評論部門 選評はこちら

☆第27回研究・評論部門 選評はこちら

☆第28回研究・評論部門 選評はこちら

☆第29回研究・評論部門 選評はこちら

過去の受賞作はこちら(PDF)