展覧会


展覧会情報


開館30周年記念企画展 「宮沢賢治展 ようこそイーハトーブの世界へ」
9月21日(土)~11月24日(日)

詩、童話により日本文学史において独自の世界を切り開き、現在も多くの愛読者を持つ宮沢賢治(1896~1933 岩手県花巻市生まれ)。

賢治は37歳の生涯の中、詩集『春と修羅』と童話集『注文の多い料理店』の2冊を刊行しますが、「風の又三郎」「銀河鉄道の夜」など多くの作品は原稿のまま遺され、歿後に出版されました。

賢治は、故郷岩手を「イーハトーブ」と呼び理想郷として作品の中に描きました。そこには、自身の住む地域や故郷への愛着とともに、すべての生命を尊び共存を目指そうとする賢治の理想が表され、現代の私たちにも問いかける普遍的な世界が創り出されています。

本展では、賢治の遺した詩・童話・手紙などにより、賢治作品の魅力と賢治の掲げた理想のあり様に迫ります。

宮沢賢治 花巻農学校教諭の頃
1924(大正13)年1月
林風舎蔵

宮沢賢治「雨ニモマケズ手帳」  林風舎蔵

この手帳は、賢治歿後、最初の全集を刊行するため遺稿を整理した際、賢治のトランクのポケットから発見された。

【実物展示期間】11月2日(土)~11月15日(金) ☆期間外は精密複製を展示します。


≪関連イベント≫

○講演会

「カムパネルラのスケッチ帖」

日時 9 月21 日(土)午後1:30~3:00

講師 長野まゆみ(作家) 

会場 研修室 

定員 150名 ※聴講無料、要申込

☆申込はコチラから

「宮沢賢治への問い」

日時 10 月5 日(土) 午後1:30~3:00 

講師 赤坂憲雄 (民俗学者・学習院大学教授)

会場 研修室 

定員 150名 ※聴講無料、要申込

☆申込はコチラから

「宮沢賢治の文学的表現行為―〈本統に一切を肯定する〉ために―」

☆10月12日(土)開催の予定でしたが、台風のため実施日程・会場を以下の通り変更いたします。

日時 11 月23 日(土) 午後1:30~3:00

会場 山梨県立美術館・講堂 (文学館向かいの建物です) 

講師 栗原敦(実践女子大学名誉教授)

会場 研修室 

定員 150名 ※聴講無料、要申込

☆申込はコチラから

○講演と演奏

「賢治作品の奏でる音楽」 

日時 11 月3 日(日)開館記念日 午後1:30~3:00 

講師 宮澤和樹 (林風舎代表取締役)

朗読・ピアノ演奏 宮澤やよい

宮沢賢治旧蔵のヴァイオリン演奏 宮澤香帆 

会場  講堂 

定員  500名 ※参加無料、要申込

☆申込はコチラから

○対談

「宮沢賢治 短歌・俳句の世界」

日時 11 月16 日(土)午後1:30~3:00 

講師 石寒太(俳人)・今野寿美(歌人)

進行 三枝昻之(当館館長・歌人)

会場 講堂 

定員 500名 ※参加無料、要申込

☆申込はコチラから

○講座

「資料が語る宮沢賢治 展示のみどころ」 (年間文学講座3)

日時 9 月28 日(土)午後2:00~3:10 

講師 中野和子 (当館学芸員) 

会場 研修室

定員 150名 ※聴講無料、要申込

☆申込はコチラから

○映画会

「風の又三郎」 

原作 宮沢賢治 監督 島耕二 1940年 日活 モノクロ 午後1:30~(97 分) 

日時 9 月23 日(月・祝)

会場 講堂

定員 500名 ※入場無料、申込不要            

*いずれも参加無料

*要申込のイベントは、電話、当館受付、ホームページよりお申し込みください。

○閲覧室資料紹介

「宮沢賢治の世界」

会期 9月20日(金)~ 11月24日(日) 

会場 1階 閲覧室 ※入場無料

宮沢賢治による童話や詩などの著作や、宮沢賢治作品の研究書、宮沢賢治ゆかりの人々に関する資料などを手にとってご覧いただけます。

展示資料より