展覧会


展覧会情報

■特設展


開館30周年記念特設展「太宰治 生誕110年ー作家をめぐる物語ー」
4月27日(土)~6月23日(日)

開催概要

御坂(みさか)峠の天下茶屋や甲府の湯村温泉での執筆、甲府市御崎町(みさきちょう 現・朝日5丁目)での新婚生活など、太宰治は山梨と関わりの深い作家です。初めての単行本の出版を切望した様子や、結婚にまつわるエピソード、戦後の活躍など作品をよむだけではわからない太宰治をめぐる物語を紹介します。

☆人気漫画文豪ストレイドッグスの展示コーナーもあります。※グッズなどのノベルティはございません。

 


  だざい おさむ

◎太宰 治   

 



19091948 小説家 青森県生まれ

本名 津島修治(つしま しゅうじ)
「走
メロス」、「人間失格」など、歿後70年を過ぎても多くの作品が読み継がれている昭和を代表する小説家・太宰治。

1938(昭和13)年9月、井伏鱒二の勧めで山梨県南都留郡河口村(現・富士河口湖町)御坂峠の天下茶屋に滞在。甲府市水門町(現・朝日1丁目)の石原家で石原美知子と見合いをし、婚約。11月、甲府市竪町(たつまち 現・朝日5丁目)の寿館に移る。翌年1月から8月末まで甲府市御崎町(現・朝日5丁目)で新婚生活を送り、9月に三鷹に転居後もしばしば甲府に滞在した。1945(昭和20)年4月、水門町(すいもんちょう)の妻の実家に疎開、7月、甲府空襲により石原家が全焼し、甲府市新柳町(しんやなぎまち 現・武田3丁目)の大内勇(おおうち いさむ)方に仮寓の後、青森県金木(かなぎ)の生家に再疎開、終戦を迎えた。

戦後は、「斜陽」、「ヴィヨンの妻」などを発表し、流行作家となるが1948(昭和23)年613日、山崎富栄と玉川上水に入水。同月19日に遺体が発見された

 

【写真】銀座のバー「ルパン」にて 1946(昭和21)年 撮影 林忠彦

 

 


 

【関連事業】

○対談「太宰治・著書と資料をめぐって」 

 講師 安藤宏(東京大学教授)、川島幸希(秀明大学学長)

 日時:2019年6月15日(土)13:30~15:00 

 場所:講堂

 定員:500名 ※要申込、聴講無料

 お申し込みはお電話か当館受付で(ファックス不可)。当館ホームページからもお申し込みできます。

 ☆詳しくはコチラをごらんください。  


○ワークショップ「『富嶽百景』スノードームをつくろう」

  5月11日(土)午後1時30分~3時 

 講師:穂坂優(ハンドメイド作家)

 会場:研修室 対象:小学校以上 定員20名 材料費1個500円 要申込


○映画鑑賞会「真白き富士の嶺」

 5月26日(日)午後1時開場 午後1時30分上映 99分

 原作 太宰治「葉桜と魔笛」 監督 森永健次郎 

 出演 吉永小百合、浜田光夫、芦川いづみほか 日活 1963年

 会場:講堂 定員500名 申込不要 鑑賞無料

※定員を超えた場合、入場をお断りすることがございます。


○年間文学講座3「山梨の文学」第1回「太宰治―甲府での足跡をたどって」 

 6月2日(日)午後2時00分~午後3時10分 

 講師 保坂雅子(当館学芸課長)

 会場:研修室 定員150名 要申込 聴講無料

(年間文学講座3は6月から9月まで3回開講される連続講座です。)

≪お詫びと訂正≫
6/2(日)特設展関連講座(年間文学講座3) 「太宰治―甲府での足跡をたどって」の開催時間について、特設展チラシの表記に誤りがありました。ご迷惑をお掛けして大変申し訳ございません。

【誤】13:30~14:40

【正】14:00~15:10

 
 

※ 要申込のイベントは、お電話か当館受付でお申込みください。対談と講座は

  当館ホームページからも申し込み可能です。ワークショップは材料費がかか 

  ります。

 

○閲覧室資料紹介「太宰治を読む」 

 4月27日(土)~6月23日(日)

 午前9:00~午後7:00まで(土日祝は午後6:00まで) 

 会場:閲覧室 入場無料

 「人間失格」や「斜陽」などの代表的な作品や「富嶽百景」をはじめとする山  梨ゆかりの作品と関連資料を紹介します。資料は手に取ってご覧いただけます

 

 

名  称: 山梨県立文学館 開館30周年記念 特設展「太宰治 生誕110作家をめぐる物語

会  場: 山梨県立文学館

会  期: 2019427()623()

休 館 日: 月曜日42956は開館57()

開館時間: 午前9:00~午後5:00(入室は午後4:30まで)

主  催: 山梨県立文学館

 

【観覧料】常設展観覧料でご覧いただけます。

一般:320円(250円)、大学生:210円(170円)

*( )内は20名以上の団体料金、県内宿泊者割引料金

*高校生以下の児童・生徒は無料

*65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)

 

*障害者手帳をご持参の方、およびその介護をされる方は無料

展示資料より

おもな展示資料

主な展示資料

 

原稿、草稿

 

 「陰火」原稿、「ア、秋」原稿、「ヴィヨンの妻」原稿(寄託資料)、「斜陽」草稿

 

・書簡

 

 井伏鱒二宛、井伏節代宛、浅見淵宛、高田英之助宛、竹村坦宛、熊王徳平宛、青木辰雄宛 

 太宰治書簡。その他、井伏鱒二の太宰治宛書簡など。

 

・書画

 

 山田貞一画女生徒表紙原画、「富士には月見草がよく似合」文学碑拓本

 

 

■新収蔵品展

開館30周年記念 
新収蔵品展 手書きのリズム
2019年1月26日(土)~3月24日(日)

開催概要

作家の手書きの原稿や手紙には、文字の強弱や書かれた速度など、独特のリズムがあります。

芥川龍之介の戯曲「浅草公園」の原稿は、ペン書きの文字が整然と並び、吹き出しの書き加えや訂正の跡からは文章を丁寧に推敲したことがうかがえます。

本展では、このほか飯田蛇笏、津田青楓、田中冬二の書、深沢七郎、武田泰淳の原稿など、2018年に当館で新たに収蔵した資料を中心に、約80点の資料をご覧いただけます手書きの文字から、作家の個性を見つけてみてください。

 

【写真】芥川龍之介「浅草公園」原稿 「文藝春秋」1927(昭和2)年4月掲載

 

 

名 称:開館30周年記念 新収蔵品展 手書きのリズム
会 場:山梨県立文学館 展示室C
会 期:2019年1月26日(土)~3月24日(日)
休館日:月曜日(2月11日は開館)、2月12日
開館時間:9:00~17:00(入室は16:30まで)
主 催:山梨県立文学館
観覧無料

展示資料より

■常設展


春の常設展  期間限定公開 開館30周年記念 近代文学の名作2 樋口一葉 「にごりえ」
2019年4月23日(火~年6月2日(日)

常設展示室では、春夏秋冬年4回の展示替えとともに、選りすぐりの資料を期間限定で紹介するコーナーを設けています。2019年は開館30周年を記念し、「近代文学の名作」を直筆の原稿、草稿により紹介。

その第2弾として、樋口一葉の 「にごりえ」 の草稿を展示します。

 

◎写真: 樋口一葉 「にごりえ」 草稿

第6章末尾に近い場面。主人公・お力(りき)が、なじみの客・朝之助(とものすけ)に身の上を打ち明ける場面。この草稿では、朝之助の名前が「道雄」となっている。

 

 

■ 樋口一葉 ひぐち いちよう 1872~1896  

小説家・歌人。本名 なつ。両親は甲州市塩山の生まれ。

少女期から文学への関心を深め、15歳で父を失い戸主となり、貧苦のなか作家をめざします。平田禿木(とくぼく)ら「文学界」同人との交友などを通じて新しい文学観を吸収し、24年の短い生涯で、「たけくらべ」「大つごもり」「にごりえ」「十三夜」など、封建的な社会を生きる女性の運命を描きました。真情にあふれた「日記」もよく知られています。

  

 

■ 「にごりえ」

 小石川の新開地の銘酒屋 「菊の井」 の娼婦お力 (りき) は、界隈随一の評判の女性でで、妻子持ちの源七は店をつぶしてもなお、お力への思いを断ち切れずにいました。

お力は、結城朝之助という新しい客となじみになり、盆の16日の夜、志を果たせずに世を去った祖父、父とできそこないの自分の人生を打ち明けます。

数日後、後ろから斬られたお力と自害して果てた源七の二つの死体が運ばれていったのでした

 

 ■ 同時開催

常設展 「囲碁と文学」 コーナー 423日(火)~62日(日

 山梨県立文学館では、開館30周年記念事業として5月22日・23日に囲碁の本因坊戦(第74期第2局)を開催します。これにあわせて、常設展に「囲碁と文学」のコーナーを設けます。

源氏物語や芥川龍之介の祖父・芥川俊清の日記など囲碁と文学に関わる資料や、囲碁に造詣の深い作家である川端康成、相田隆太郎などの資料を展示します。

    

開催概要

 【開催概要】

 名  称: 平成31年度 春の常設展

会  場: 山梨県立文学館 2F 展示室A

会  期: 2019年4月23日(火)~2019年6月2日(日)

休 館 日: 月曜日(4月29日・5月6日は開館)、5月7日(火)    

開館時間: 午前9:00~午後5:00(入室は午後4:30まで)

主  催: 山梨県立文学館

 

【観覧料】一般:320円(250円)、大学生:210円(170円)

*( )内は20名以上の団体料金、県内宿泊者割引料金

*高校生以下の児童・生徒は無料

*65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)

*障害者手帳をご持参の方、およびその介護をされる方は無料

おもな展示資料

・ 樋口一葉 「にごりえ」草稿

・ 映画・演劇になった「にごりえ」のポスター、パンフレット

・ 鏑木清方 「にごりえ」 全15図(1957年 美術出版社 複製本)

  など、樋口一葉コーナーでは約20点の資料をご覧いただけます。

 

  このほか、「飯田蛇笏・飯田龍太記念室」では、冬の俳句の書画を中心に、展示します。 樋口一葉、芥川龍之介、太宰治など、山梨出身・ゆかりの作家コーナーの資料を一部入れ替えます。