資料紹介について


資料紹介について

資料紹介について
 

閲覧室では、当館所蔵の図書・雑誌をテーマを決めて紹介しています。 展示資料は手にとってご覧いただけます。

開催中・開催予告

文学者の誕生日にちなんだ資料紹介「中村星湖」開催!

作家・中村星湖は、明治17(1884)年2月11日に南都留郡河口村(現・富士河口湖町)で生まれました。明治40(1907)年に、富士山麓を舞台にした小説「少年行」が雑誌「早稲田文学」の懸賞長編小説で一等に当選、その後自然主義文学作家として活躍しました。

山梨県立文学館閲覧室では、中村星湖の誕生日にちなみ、中村星湖の著作や関連する図書・雑誌を紹介します。資料は手に取ってご覧いただけます。

 【期間】平成31年2月1日(金)~2月21日(木) 9:00~19:00(土曜・日曜は18:00まで) 

     ※毎月曜日(2月11日を除く)、2月12日(火曜日)は休館

【場所】 1階 閲覧室 (入場無料)

詳しくはこちら(PDF)

開館30周年記念 閲覧室資料紹介 「映像になった文学作品 平成をふり返って」開催!

  

 

 山梨県立文学館は、平成元年に開館しました。平成の30年は、文学館のあゆみでもあります。

当館閲覧室では、『太陽の坐る場所』(辻村深月)や『白磁の人』(江宮隆之)など、平成の時代に映像化され話題になった文学作品や、関連記事などを紹介します。

資料は手に取ってご覧いただけます。また、閲覧室内のビデオブースでは、一部の作品について、関連DVDもご視聴いただけます。

 

【期間】平成31年2月8日(金曜日)~4月 7日(日曜日) 9:00~19:00(土曜・日曜・祝日は18:00まで)

     ※毎月曜日(2月11日は開館)、2月12日(火曜日)は休館

【場所】 1階 閲覧室 (入場料無料)

 

>>作品リスト① 「映像になった文学作品 平成をふり返って」(PDF) 

>>作品リスト② 「山梨県立文学館のあゆみ」 当館企画展等の図録一覧(PDF) 

 

 

 

資料紹介年間スケジュール

■閲覧室資料紹介

開館30周年記念 閲覧室資料紹介 「映像になった文学作品 平成をふり返って」開催!

 

企画展・特設展と連携した内容など、テーマを設けて約100冊の図書・雑誌等を紹介します。 

井伏鱒二を読む 

4月28日(土)~6月17日(日) 

みんなで読もう日本の名作

7月14日(土)~8月26日(日) 

草野心平の世界  

9月21日(金)~11月25日(日) 

■文学者の誕生日にちなんだ資料紹介

文学者の誕生日にちなんだ資料紹介「中村星湖」開催!

 

本県出身・ゆかりの文学者の著書や関連雑誌など約30冊を紹介します。 

飯田蛇笏(4月26日生まれ)

4月20日(金)~5月10日(木) 

太宰 治(6月19日生まれ)

6月8日(金)~6月28日(木) 

辻 邦生(9月24日生まれ)

9月7日(金)~9月27日(木) 

山崎方代(11月1日生まれ)

10月26日(金)~11月15日(木) 

与謝野晶子(12月7日生まれ) 

11月30日(金)~12月20日(木) 

中村星湖(2月11日生まれ) 

平成31年2月1日(金)~2月21日(木) 

■書庫見学

普段は入れない書庫内を職員がご案内して、収蔵資料や保管状況、画像情報システムなどを解説します。

約32万冊の図書や雑誌が保存されている文学館の書庫を見学してみませんか。
芥川龍之介や樋口一葉などに関する貴重な収蔵資料を紹介しながら、書庫の中を御案内します。
あわせて、貴重な原稿や書簡などを画像で見る方法や、蔵書検索の方法を紹介します。
この機会に、ぜひ御参加ください。


 【日時】  ①平成30年6月9日(土)/②11月20日(火・県民の日)
       第1回11:00~12:00/第2回14:00~15:00

【場所】 閲覧室(1階)

*参加無料、事前申込は不要です。各回先着40名限定です。

県人著作コーナー

県出身の文学者の作品や最新の県人著作を紹介しています。
また、県人の著作を収集・保存しておりますので、
出版物がありましたらご寄贈ください。

資料紹介について
資料紹介について